業績アップに欠かせない
(画像=PIXTA)

私がリーダーを務める渉外チームには、物おじせずに飛び込み訪問をしたり、前例のない斬新な提案を考えたりできる若手がいます。少し生意気なところはありますが、将来が期待できる若手なのでうまく育てたいと思っています。どんな点に注意すればよいでしょうか。

どの職場にも「伸びそうな若手」「見どころのある若手」といった〝期待の若手〟が1人は存在する。このような若手には、以下に挙げる共通した特徴・傾向がある。

・仕事はできるが粗っぽいところがある
・上司に相談せず自分で判断して行動することがある
・自分の考えを優先するためチームの和を乱すことがある
・根回しなど面倒な社内調整を嫌う
・上司の一方的な命令を嫌い、推進する意味や目的に納得しないと動かない

おとなしい若手が多いといわれる昨今、元気で意識の高い若手は職場の活性化と推進にパワーをもたらしてくれる有益な存在である。とはいえ何かにつけて目立つ部下は、上司にとって扱いづらい存在でもある。

若手としても、自分の判断で動けば「組織内のルールに反する」として頭の固い上司から睨まれるし、「見どころがあるから」といって上司から特別扱いされれば同僚から疎まれてチーム内で浮いてしまうなど、動きづらさがある。

期待の若手を〝陰で〟サポートする上司もいるが、そのような状態が続くのは人材育成上好ましくない。では、どのように向き合い育てればよいのか。

社内調整のノウハウを少しずつ教えていく