経験者が語る
(画像=PIXTA)

自行庫をメインバンクとして認識してもらう方法とは

銀行員から事業承継を経験した経営者へ質問
事業承継によって金融機関と交渉するようになった後継者の中には、メインバンクの重要性が分かっていない方も多い気がします。当行がメインバンクだと認識してもらいたいのですが、どうすればよいですか。

私は35歳で社長に就任しましたが、就任後しばらくしてから、当時のメインバンクとの関係がうまくいかなくなってしまいました。支店長が交代した途端、なぜか当社の扱いがぞんざいに感じられるようになったのです。「当社の実力からしたらやむを得ない」と思いつつ、若かった私はとうとう我慢できなくなって、メインバンクを変える決心をしたのです。

あらかじめサブの銀行の支店長や役員と親交を深めておき、メインバンクに頼らなくてもやっていける自信がついたとき、私はメインバンクの短期継続融資を一括返済しました。

すると、すぐさまメインバンクの支店長は当社に飛んできて不満をぶちまけました。明らかに若い私を侮った態度でした。それにひるまず私はメインバンクへの依存度を徐々に引き下げていき、サブだった銀行をメインに切り替えようとしていました。

トラブル等がないとメインを実感しにくい…