相続の対応実務から取引深耕までを解説
(画像=mykeyruna/Shutterstock.com)

お客様から、長男の妻が会社を辞め自分を介護してくれているので報いたいと相談されました。どんな方法がありますか。

遺産分割協議の場では、被相続人の療養看護をめぐって、トラブルになることがある。特に、相続人の配偶者(長男の妻など)が被相続人の介護や療養看護をしていたケースはもめやすい。被相続人の生前に相続人が被相続人に対して行った貢献のことを、民法では「寄与分」と呼び、相続においてプラスの財産分与が認められる。

相続人ではない親族の貢献に報いるため創設