顧客のポートフォリオの変更に関する情報を適切に開示せず、取引確認書を実際に要求された際に要請していないという違反もSeverance氏は犯している

FINRAによると、この広報担当者は高齢の顧客に料金を支払うサービスを提供したという。

金融業界規制当局は、FINRAとミネソタ州商務省の規則と同様に、彼の元会社の外部事業活動方針に違反したことで告発された後に解雇された元LPL金融ブローカーを追放したと述べている。

11月14日に署名したFINRAの承諾書、権利放棄書、同意書によると、Michael R. Severance氏は、クライアントに料金を支払って請求書の支払いサービスを提供していること、およびクライアントから息子への100ドル以上の贈与または融資を調整していることを開示しなかったため、この書簡に同意したものの、この事実を肯定も否定もしなかった。その手紙は金曜日にFINRAに受理された。

FINRAのBrokerCheckのウェブサイトによると、Severance氏は1981年に「Voya Financialに入社し、投資会社および変動契約商品代表(IR)としてFINRAに登録した。彼は34年間、Voyaに在籍した。1982年に直接参加型プログラム代表者(DR)として登録、1985年には総合証券代表者として登録している。

FINRAによると「National Planning Corp.」で1年勤務したあと、Severance氏はLPLと提携し、IR、DR、GSRとしてFINRAに登録された。