「個人年金契約」はソーセージの皮のようなもので、皮の中には資産から利益を得て投資リスクを管理するための手段が詰まっている

変額・非変額インデックス型年金の両方とも増収となった。

金利が低下していることで、米国での非変額個人据置型年金の売り上げが圧迫され始めている可能性がある。

「Wink Inc.」が発表した発行体調査データによると、第3四半期の個人繰延定額年金と固定資産として申告された個人繰延べインデックス型年金の売上高は290億ドルと、2018年第3四半期の合計から12%減少した。

(関連記事:非変額年金の売上はまだ上昇している:マネージャーによる調査