民法改正,相続対策,アドバイス
(画像=PopTika/Shutterstock.com)

Q1.仮払いされた預貯金は受取人固有の財産になると考えてもいいのでしょうか?

A 仮払いされた預貯金は、遺産の一部分割により取得したものとみなされるので、清算が生じなければそのまま受取人固有の財産となります。しかし、仮払いされた時点では遺産分割が完了していたわけではありませんので、最終的に仮払いを受けた預貯金を含め清算が必要となった場合、その義務を負うと考えられています。

事例で考えてみましょう。長男が、父の葬儀費用に充てるべく、父名義の預貯金から150万円仮払いを受けたとします。その後、他の相続人を交えて遺産分割協議が成立し、長男は父が経営していた会社の株式だけを相続し、次男が預貯金の全部を相続することになりました。

この場合、長男は次男に対し代償金として150万円支払う等の清算を行う必要が生じます。

清算に応じない場合はトラブルになることも