執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

毎日がんばって働いた証である給料の使い道を、きちんと考えたことはありますか?倹約している人もいれば、つい浪費してしまう人もいるでしょう。柔軟でアクティブに行動ができる20代は、自分の価値を高めることにお金を使っていきたいもの。これから高収入を目指す人こそ、毎月の給料の使い方をよく考えてみましょう!

20代こそお金を使うべき

20代,自己投資
(画像=UpU)

バブル景気崩壊、リーマンショックを経た日本において、若者の消費行動は低迷し続けているといわれています。

情報が溢れているため何にお金を使えばいいのかわからない、将来への漠然とした不安から貯蓄をする、といった20代の人も多いはず。

浪費や衝動買いは避けたいものですが、リスクを恐れるあまりになんとなく貯蓄をするだけでは、むしろもったいないかもしれません。必要なシーンでお金を出し惜しみしないことは、将来への投資につながります。

今回は社会人になりたてのころから実践したいお金の使い方を、ジャンル別に紹介します。

家賃編:職住近接のススメ

毎月の出費の大部分を占めるのが、家賃。一般的に家賃は収入の3分の1以下に抑えるのが望ましいといわれていますが、どの地域に住むかで、同じ金額でも間取りなど物件スペックに違いが出てきます。

住居を新しく探す際、職場からどの程度の距離に住むのが適切なのか、迷った方も多いのではないでしょうか?職場近くに住む「職住近接」と、職場から離れて住む「職住分離」を比較してみましょう。

職住近接のメリット

職住近接のメリットは、勤務先へのアクセスが容易で、満員電車や電車遅延などのストレスリスクが減ること。通勤時間が少ないことで生まれた時間は、朝活や仕事帰りの習い事・ジム通い・交流会などに活用でき、プライベートな時間が増えます。

職住分離のメリット

職住分離のメリットは、オンオフの切り替えがはっきりすることです。また、郊外から都心部に通勤する場合は広い部屋に住めることが多く、安い家賃で住環境を充実させられます。

職住近接と職住分離、どちらが適切か

最近は通勤時間を短縮し、仕事はもちろん、プライベートを充実させるワークライフバランス重視の考えが注目されています。

こうしたことから職住近接を選ぶ人が増えており、サイバーエージェントなどは「勤務しているオフィスの最寄駅から各線2駅圏内に住んでいる正社員に対し月3万円の家賃補助を支給」といった制度を導入。同社の流れを反映し、ベンチャー企業を中心に職住近接を推奨する企業が増え、手当を設けています。

通勤時間が短くなることで、体力的にも精神的にもゆとりが生まれてパフォーマンスが上がるのが職住近接の魅力です。

部屋が狭くなる、家賃が上がるなどのデメリットは否めないものの、職場の近くに住居を借りることはひとつの投資と考えることができますね!

交際費編:出会いは断るな。常に違う人に会おう!

高年収の方は人脈が持つ大切さを知っています。20代前半から多くの人と出会い、コミュニケーションを図ることはとても大切で、その後の人生においてそこで得た経験が大きな財産となって生きてきます。

人脈を広げるためには、社内の付き合いだけでなく、社外の人、違う業界の人と触れ合えるように、自ら交流の場へ出かけてみましょう。

たとえば、友人・知人に誘われた飲み会にはできるかぎり参加する、異業種交流会や名刺交換会の開催情報をインターネットでこまめにチェックするなどの習慣をつけてみては?興味のある講師が登壇するセミナーに参加するのも、人脈を広げるのに効果的です。飲食も、20代から様々なお店や食に触れることで経験値が増えるというメリットもあります。

一度会った人とは、LINEやFacebookなどでつながっておくと便利です。相手を忘れることが少なくなり、SNSを通じて手軽に連絡を取りあえます。週や月に●人と会う具体的な目標を立て、ある程度そのための投資(飲み会費・異業種交流会の参加費など)をしながら、キャリアにつながる人脈をストックしていきましょう。

服飾費編:“ブランド”を一度は持ってみる

20代がお金をかけることとして、ファッションの割合が大きく占めるのですが、その総額は男女ともに年々減少しており、2010年代に入ってからは特に消費額が少なくなっています。この傾向はファストファッションが普及した影響だと考えられます。

ただ社会人にもなると、学生時代よりも収入が増えるため、洋服をたくさん買ってしまう傾向もあるようです。社会人になって多く身につけるスーツやオフィスカジュアルは、すべて上質なものをそろえると大変な金額がかかります。

したがって、初めは財布や名刺入れ、靴、バッグ、腕時計など、何か一点だけブランド力のあるアイテムに変えてみるのはいかがでしょうか?

ブランドもののアイテムは、歴史ある本物を身に着けている自信と上昇志向を与えてくれます。周囲に対して嫌味にならない程度のもので、少し背伸びしたアイテムを選ぶのがポイントです。

「ブランド品は、なぜ機能が同じでも価格が高いのか?」そこを考えてみると今後のキャリア形成につながるかもしれません。経営コンサルタントの山口周氏は「役に立つ」ではなく「意味のある」ものを作る企業が今後伸びると話しています。実際使用してみて、有名ブランド品を持ちたくなる理由を探ってみては?

資産形成編:貯蓄は×!投資が◯!

投資というと難しい話のように聞こえるかもしれませんが、リスクや大きな出費が少ない20代のうちこそ投資を始めるのに適しています。今後のキャリアチェンジやライフイベントに備えて、貯蓄だけでなく、資産を増やすことを考えてみましょう。自ずと経済の動きに敏感になるという効果もあります。

投資は始める時期が早ければ早いほど、大きなリターンを得られる可能性が上がります。運用益が出たらその利益をさらに投資することで、複利効果が働き、資産が増えていきます。

20代のうちに始める資産運用として、始めやすいのが、少額で積み立てていく投資信託です。投資信託とは、投資のプロが投資家の代わりに複数の銘柄を購入し、運用してくれる金融サービス。毎月一定額を投資するので、自分の給与に応じた積立額を考えてみましょう。

仮に、一般的に富裕層といわれる金融資産1億円を目指す場合、毎月1万5,000円を年率10%の投資信託に積み立てると、40年7ヵ月で達成することが可能。収入が上がるとともに積立額を増やすことで、目標額への到達が早くなります。

100円から投資できる銘柄もあるため、まずは無理のない投資額から始めてみては?!

20代での給料の使い方が将来を決める

今後ステップアップして収入を増やしたい人は、20代のうちから有効なお金の使い方を学ぶことが大切です。同じ金額でも、目的なく消費したお金と、人や時間に投資したお金では、5年後、10年後に大きな差が出てきます。

自分が自由に使えるお金を何に対してどの程度使うのか、改めて考えてみましょう。(提供:UpU