執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

みなさんはSNSをどのような目的で利用していますか?「多くの人と友達になりたい」「仕事に役立つ情報を手に入れたい」など、いろいろな目的があるでしょう。また、仕事の情報を集めるためにTwitterを利用している、グルメやファッションなどの情報を得るためにInstagramを利用しているなど、目的に合わせて使いわけている人もいます。

大きくは情報収集と発信に分けられそうですが、中にはSNSをうまくコントロールしきれていないと思う人もいるでしょう。そこで、そのような悩みを解決し、SNSでの影響力も高められそうな便利ツールを紹介します。使いこなせば、あなたもインフルエンサーになれるかも?

「Canva(キャンバ)」――画像編集が簡単にできるツール

20代,自己投資
(画像=UpU)

Canvaは、オンライン上で作業を行うデザインツール。TwitterやInstagram、Facebook、Pinterestへの投稿、Twitterのヘッダー、Facebookカバーなどのおしゃれな画像が簡単に作れるんです。テンプレートの画像を入れ替えるだけでもできるので、Webデザインに自信がないという人でも使えます。

Canvaで用意されている画像だけでなく、自分で撮った画像も利用できます。無料利用のほか、有料プランを利用するとさらにいろいろなテンプレートや写真を利用可能。PhotoshopやIllustratorはまだ使いこなせないという人は、Canvaで画像を作ってみるのもいいかもしれません。

「note(ノート)」――文章・画像などを投稿するツール

noteは、自分の伝えたい文章、イラスト、画像などを、多くの人に届けることができるツールです。たとえば、漫画や小説を作ることが得意なら、noteで募集しているお題のハッシュタグをつけると、たくさんの人の目に止まる機会が増えます。note自体にSNSに近いこうした機能がついています。

自分の書いた記事を読んでもらい「いいね」をたくさん押してもらえれば「note編集部のおすすめ記事」にピックアップされることも。もしかすると、自分の書いた記事が誰かの目に止まり、漫画や小説を書いて欲しいという依頼がくるかもしれません!

自分の投稿がどれくらいの人の心に響くのかを知りたいのなら、いろいろな記事を書いて、TwitterやFacebookでnoteに記事をアップしたことを告知してもいいでしょう。自分の作品を多くの人に知ってもらいたいという人にあったツールです。

「TweetDeck(ツイートデック)」――複数アカウントを効率よく運用できるブラウザツール

パソコンで頻繁にTwitterを利用されているヘビーユーザーにぴったりなのがTweetDeckです。TweetDeckは、Twitter社が公式で提供しているブラウザツール。Twitterをもっと便利に利用したい、複数アカウントを運用したいといった人には強力なツールだといえます。

Home(ホーム)、Notifications(通知)、Messages(メッセージ)、Trending(トレンド)といった4つのカラムが一度に表示されるのが特徴です。もともとTwitterのHome画面は登録されているアカウントのTweetだけが表示されており、Messagesなどはタブを押さないと表示されません。

そのため、一つひとつ画面を切り替えないと内容を確認できなかったことが、TweetDeckによって一画面で見ることができます。タイムラインが流れてしまって過去のツイートを見るのが面倒という人にはとても便利なツールです。また、複数アカウントを持っているのなら、TweetDeckに登録しておけば、ボタン一つですべてのアカウントを切り替えることも可能なんです!

Twitterで効率よく情報を集めたり、頻繁につぶやくことで自分をブランディングしたい人は使ってみる価値はあるでしょう。

「SINIS(サイニス)」――Instagram解析ツール

SINISは、Facebook社が提供するグラフAPIを利用したInstagramの無料分析ツールです。Instagramで自分の投稿がどれくらい反応があるのかを調べられます。

Instagramには、このほかにインサイトというツールがありますが、こちらはスマホからしか見ることができません。SINISではパソコンの画面から「フォロワー数」「総いいね数」「総コメント数」「リプライ数」「リーチ数」「インプレッション数」などを見ることができます。

そのほかにもフォロワーの男女比、年齢層、地域なども見ることができるため、自分が投稿した内容が、どんな人に需要があるのかがわかるのです。もし、フォロワーに20代の男性で東京在住の人が多いのであれば、ターゲットを絞って投稿することで、読んでいる人に響く投稿ができるのです。

パソコンから見られるだけでなく、CSVデータをダウンロードできるので、いろいろなデータを分析し、活用することが可能です。

「VivaVideo(ビバビデオ)」――スマホ動画や画像を組み合わせて動画編集できるアプリ

VivaVideoは、自分だけのオリジナル動画を作りたい人に向けたスマホアプリです。スマホで撮った動画や画像を編集でき、InstagramやTikTokに投稿できます。

動画はトリミング、カット、速度調整、逆再生など、いろいろな機能が利用できます。エフェクトやコラージュ、効果音など、さまざまなコンテンツを利用できるのも特徴です。字幕や音楽を入れることもできるので、パソコンを持ってない人や、じっくりパソコンに向かって編集する時間がないという人に向いているアプリです。

動画編集だけでなく分析もすることでフォロワー数を増やせる

SNSで影響力を高めるためには、内容を充実させるのはもちろんのこと、どんなツールを使うかによって投稿の質が大きく違ってきます。仕事やプライベートなどが忙しくて、なかなかSNSが更新できないという人は今回紹介した便利なツールを使ってみてはいかがでしょうか。

自分の発信したいことを多くの人に知ってもらうために、これらのツールを上手く使いこなしていきましょう。(提供:UpU