執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

社会人たるもの、ビジネス用として腕時計の1つくらいは用意しておきたいものですよね。「時計は時間がわかればいいから何でもいい、むしろスマホでチェックするからいらないかも」と考えている方はいませんか?確かに時間を知るための道具ではありますが、それ以上の意味を持つものとして捉えられています。社会人が手に入れるべきはどんな腕時計でしょう!?

腕時計はステータスを表す

20代,自己投資
(画像=UpU)

腕時計は、ビジネスパーソンにとって欠かせないもの。パッと見て時間をすぐに確認できるという時計本来の役割も担っていますが、他にも大事な意味合いがあります。腕時計は身に付ける人のステータスを表すと、日本だけでなく世界中で広く認知されているんです。

腕時計は清潔感を与えるツール!

ビジネスの場においては、腕時計を身につけていることで「ちゃんと時間管理ができる人」「身だしなみが整ったきちんとした人」という印象を与えることができます。スマホでも時間を確認できますが、ミーティング中や商談中に何度もスマホを見るのは果たしてスマートでしょうか?相手に失礼にあたり印象も良くはありません。

腕時計ならば、何気ない仕草の中で、腕に視線を移す一瞬のうちに時間を確認することができるため、相手に配慮できるビジネスパーソンほど、腕時計を使用する傾向にあります。

高級な腕時計が信頼感を与える

さらに、時計のブランドやデザインから、相手は「オシャレに気を遣える人」「ファッションセンスの高い人」というイメージを持つかもしれません。高級な腕時計であればあるほど「収入の高い人=仕事ができる人」という社会的ステータスの判断材料とされるものなんです。

「たかが腕時計ひとつで、持つ人のイメージがそんなに変わるのか?」「外見よりも中身が大事」とやや批判的に感じる人もいるでしょう。しかし実際のところ、初対面時の人の印象は外見でほぼ決まるという朝日新聞が2017年に行った調査結果もあります。

清潔感や信頼感を高めるアイテムとして腕時計を身につけておくことは、ある種の自己投資として積極的に意識しましょう!

100万円と10万円、どっちが高い?

そもそも高級腕時計とはいくら程度の値段の腕時計のことをいうのでしょうか?10万円の腕時計でも十分高級といえますが、100万円以上するような超高級腕時計も世の中にはたくさんあります。

そのとき高級だと思った10万円の腕時計でも、数年使ううちに価値が下がり、ステータス性が低くなることもあります。そのたびに新たに次のランクの腕時計を買い求めていたら、トータルでどれだけ必要になるかわかりません。

もしも生涯身につけたいと思える最高の腕時計に出合えたのなら、それは購入したほうが良いものかもしれません。それがたとえ100万円以上するものだとしても、長期的に見れば10万円の無難な腕時計を買い替え続けるよりもトータルのコストは抑えられる可能性があります。

なぜロレックスは人気があるのか?

高級腕時計と聞いて、まず真っ先に思い浮かぶのが「ロレックス」ではないでしょうか。ロレックスは1905年に創業されたスイスの腕時計メーカーです。高級腕時計の代名詞的存在で、日本だけでなくアジアや欧米など世界中で人気があり、愛用されています。

では、なぜロレックスは人気なのでしょうか?第一に、ロレックスの腕時計は優れた耐久性を持ち、丈夫で壊れにくいことが、その理由に挙げられます。また、ロレックスは1931年に世界で初めてパーペチュアル(自動巻き)機構を開発し、今なおその精度が進化していることから、歴史と確かな技術のあるブランドとして、ファンを魅了し続けていることも、人気の秘密。

メンズ、レディースともに幅広いコレクションを展開しているのも注目すべきところです。スタンダードモデルから、宝石をあしらったラグジュアリーウォッチや強靭なダイバーズウォッチなど、オンオフ問わずあらゆるシーンで満足できる腕時計が揃うのも、ロレックスならではの魅力です。

資産価値が下がりにくい=損をしにくい高級腕時計

ロレックスが世界中で人気を集める理由は、幅広いユーザーからの需要にもあります。高級腕時計を初めて買う人から、高級腕時計を知り尽くした人まで、ロレックスを求める層は幅広いのが特徴です。

「自分を高めてくれるような良い腕時計が欲しい。でも選び方がわからない」と迷ったとき、あなたならどうしますか?特に知識のない状態でも、高級腕時計としてすでに広く認知されているロレックスなら、安心です。

伝統に裏打ちされた高い技術によって、幅広い層から支持されているそのクオリティは、初めて高級腕時計を購入する人にも支持されています。

投資対象としても魅力が高い存在

高級腕時計に詳しく、いくつも所有する人がロレックスを買う理由は、「値下がりしにくい存在価値」にあります。世界中にマーケットを持つロレックスは、頻繁に品薄状態となります。限定モデルや生産が終了したモデルは、中古品であっても当時の販売価格を上回る価値を見出されるケースもあります。

特に値段が高騰するモデルとしては「デイトナ」「GMTマスター」などが挙げられます。例えば「デイトナ」ステンレススチール製現行モデル「116500LN」の定価は1,180,000円(税抜き)。しかし、ある買取専門店の買取価格を見てみると、200万円を超える値がついています。一般的なモデルでも他の高級腕時計ブランドと比較するとロレックスの腕時計は定価以上で取引される傾向があります。その魅力からロレックス投資という言葉が生まれるほどなんです。

あなたが選ぶべき腕時計は?

良い腕時計を身につけると、それに合わせて自信が沸いてきます。少し背伸びをして手に入れた時計だとしても、それに見合うような言動を心がけるモチベーションにつながっていくでしょう。欲しいものが見つかった時、それへ向かってお金を貯める、努力すること自体が自分を成長させてくれるもの。

今回はロレックスを例に高級時計の価値について説明しましたが、他のブランドであっても、自分が心底欲しいと思える腕時計かどうかが大切です。毎月コツコツ、ボーナスなどの預金を地道に続けた後、手に入れる感動はひとしおかもしれませんね!(提供:UpU