LVMH(OTC:LVMUY)のルイ・ヴィトン製品の人気は、米国のミレニアル世代(1983~1994年生まれ)の次のZ世代(1995~2002年生まれ)で上位に躍り出ています。

投資銀行パイパー・ジャフレーは、この秋、お気に入りのブランドについて平均世帯収入が65,400ドル(約700万円)の10代から20代前半の若者9,500人を対象とした調査を行いました。

調査対象の若者の14%がルイ・ヴィトンをお気に入りのハンドバッグブランドとして挙げ、カプリホールディングス(NYSE:CPRI)のマイケル・コース(27%のシェア)に次いで2位になりました。

これは、春の調査で11%のシェアを獲得して3位にランクされたルイ・ヴィトンにとって大きな成長でした。

昨年秋、ルイ・ヴィトンはわずか9%の得票率で4位にランクされていました。

この高級ブランドが、どのようにZ世代の人気を獲得していったのかを見ていきましょう。

ショッピング
(画像=Getty Images)

ルイ・ヴィトンブランド、若い世代に照準

6年前、LVMHのCEOであるベルナール・アルノーは、娘のデルフィーヌ・アルノーをルイ・ヴィトンのエグゼクティブ・ヴァイスプレジデントに任命し、同社のCEOマイケル・バークとともにブランドの舵取りを任せました。

10代からLVMHのさまざまな役職で働いていたデルフィーヌ・アルノーは、この仕事に就いたとき38歳でした。

それ以来、同ブランドは、「ティーンヴォーグ」でのティーン向けキャンペーン、ソフィー・ターナーなどの若い有名人の支持者の獲得、小物、雑貨、スマートフォンケースなどの新製品で、若い世代に焦点を合わせました。

ルイ・ヴィトンはまた、ティーン向けの「スクール・ティーンズ」キャンペーンを開始し、eスポーツイベントを支援し、インスタグラムで3,500万人近くのフォロワーを獲得してソーシャルメディアでの存在感を高めました。

このため、ForwardPMX(マーケティングエージェンシー)の調査で、ルイ・ヴィトンが米国のZ世代で最も検索されたファッションブランドに選ばれたのは驚くことではありませんでした。

米国の若者が、どのようにしてルイ・ヴィトンのバッグを買うのか

米国の若者が、ルイ・ヴィトンのバッグに1,500ドルから15,000ドルを費やす余裕があるのは不合理に思えるかもしれません。

ただし、これらの購入の多くは、親や親類によって行われた可能性があります。

これは、LVMH株に注目する理由の一つです。裕福な消費者は、マイケル・コースやタペストリー(NYSE:TPR)のコーチやケイト・スペードのような「手頃な価格の高級」ブランドを購入する中流階級の消費者よりも、リセッション時に苦労しないでしょう。

そして、不況になっても、LVMHの製品を買い続けるとみられます。

LVMHの投資家にとって意味すること

LVMHは、個々のブランド売上を個別に開示していません。

しかし、ルイ・ヴィトンは、17のファッションブランドを保有するLVMHのトップブランドです。

ルイ・ヴィトンの売上高は2019年上半期に毎年18%増加し、LVMHの総売上高の42%を占めました。

パイパー・ジャフレーの最新の調査では、ルイ・ヴィトンが米国の若い買い物客の人気を集め、LVMHの世界の今年上半期の売上のほぼ4分の1に貢献したとみられます。

165年の歴史を誇るブランドは、今後数十年間は信頼できるファッション業界のリーダーであり続けるでしょう。(提供: The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者Leo SunはLVMH株(ADR)を保有しています。モトリーフール米国本社は、タペストリー株を保有し、そして推奨しています。