ミレニアル世代はテクノロジーの利用だけでなく、顧客との強固な関係性の築き方を上の世代から学ぶべきである

Nationwideのレポートによると、若いアドバイザーはテクノロジーを活用して収益性を高める可能性が高い

Nationwide Advisory Solutions」の第5回年次Advisor Authority調査によると、ミレニアル世代とそれよりも前の世代のアドバイザーの間では、テクノロジーの採用方法や好みのテクノロジーのタイプに違いがあるという。

ミレニアル世代のアドバイザーの29%は、新しいテクノロジーを追加することが、彼らの事業の収益性を強化するために、今後12ヶ月の間に行う最も重要なことであると述べたが、ベビーブーマー世代のアドバイザーは11%の回答に留まった。

また、ミレニアム世代のアドバイザーの20%が、既存の技術を統合することが収益性を高める上で最も重要だと述べているが、ベビーブーマー世代では3%に留まっている。

Nationwideの年金販売部門を率いるCraig Hawley氏は「デジタルネイティブの最初の世代であるミレニアル世代は、ほぼすべてのものに瞬時にオンラインでアクセスできるようになり、新しいテクノロジーを活用して一歩先を行くという点で明確な優位性を得ている」と述べた。