フリーランスというキャリアの選択肢はここ数年で存在感を増し、フレキシブルな働き方に対する感心は高まりつつある。

その一方で、強調されるのは「収入面の不安定さ」だ。フリーランスになったものの、毎月の収入に限界を感じ、自身のキャリアに不安を覚える方も少なくはない。

フリーランスが安定して高収入を得る方法を探るべく取材したのは、年収1000万円を維持するフリーランスの山田竜也さん。Webマーケティングを主軸に、コンサルティング、メディア運営、セミナー講師など複数の収入源を持つポートフォリオ・ワーカーであり、著書『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』(日本実業出版社)では、フリーランスの処世術について解説している。

どうすればフリーランスとして稼ぐ好循環を作ることができるのか?年収1000万円の壁を越える方法とは?(取材・宿木雪樹 / 写真・関口佳代 / 特集協力・一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

フリーランスの資本家思考#1
(写真=関口佳代撮影,ZUU online編集部)
山田竜也さん
同志社大学哲学科卒業後、3年半の会社員生活を経て、2007年にフリーランスとして独立。独立当初は自己破産寸前になった経験もあるが、稼ぐための仕組みを身につけてからは1000万円を超える年収を維持。専門分野はWebマーケティング。コンサルティング、広告運用、Web管理の他、自分の所用するメディアからの広告収入、セミナー講師、著者印税、イベント売上など複数軸の収入を持つポートフォリオワーカーでもある。著書に『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』(日本実業出版社)、『すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技』(技術評論社)。

「だからあなたは稼げない」フリーランスが陥りがちな目標設定の罠

フリーランスの資本家思考#1
(写真=関口佳代撮影)

――単刀直入にうかがいますが、フリーランスが安定した収入を得るためのコツは何でしょうか?

そもそも安定した収入という目標設定が間違っているのではないでしょうか。

フリーランスは業界のニーズやライフスタイルに応じて自身のキャリアを選択できることが強みですから、収入の安定にこだわるとフリーランスらしい働き方から遠ざかる可能性があります。

フリーランスとして成功するためには、新たな分野への挑戦を受け入れ、都度スキルを磨き続ける姿勢を維持することが望ましいです。安定性ではなく、流動性を取るほうがフリーランスとしては強いキャリアを築くことができます。

――流動性を優先すると、専門スキルやブランディングの軸がぶれてくるのではないかとも思うのですが。

ひとつの専門分野に関連する業務や職種の枝葉は多いものです。

たとえば、私はWebマーケターとしてキャリアをスタートしていますが、その知見とを自らの経験を掛け合わせることで、フリーランスについて論じる機会が増えました。私が突然バリスタになるのは難しいでしょうが、これまで学んだことを生かして領域を横展開していくことは意識次第で可能です。

クライアントから相談を受けたら、たとえ専門分野と違う領域でも挑戦することを勧めます。自らの領域を拡大するチャンスは思わぬタイミングで訪れるものです。そうしたチャンスは戦略的に取捨選択するよりも、直感的に挑戦したほうがニーズに即した独自性のあるキャリア形成につながります。それは差別化という点で武器になるはずです。

――そう言われてみれば、稼げないフリーランスは同じ分野や案件に執着しているようにも感じます。

その傾向は人付き合いにも見られますね。フリーランスの同業者と狭いコミュニティで馴れ合う環境は、あまり望ましくありません。

会社の仲間同士で傷をなめ合う飲み会と似たような環境を自ら構築すると、新しいことには挑戦しづらいですし、同業者の比較対象をむやみに作ってしまうことになります。

フリーランスだからこそ、異業種の人が集まる場所に自ら飛び込むべきです。自分がオンリーワンになれるコミュニティに身を置くことで、先ほど述べた流動性を武器に、自らのスキルを横展開して仕事の幅を広げていくことができるでしょう。

稼げるフリーランスの「3つのタイプ」 上手な掛け合わせとは?

フリーランスの資本家思考#1
(写真=関口佳代撮影)

山田竜也さんの著書『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』(日本実業出版社)では、仕事が途切れないフリーランスのタイプとして、スキルを特化させる「職人」タイプ、相手の相談を受けやすい「相談役」タイプ、SNSやメディアなどで影響力を高めて武器とする「城持ち」タイプが紹介されていた。このタイプ分けから、稼ぐフリーランスの傾向について深堀りする。

――著書には「3つの強みを乗算することでフリーランスとしてのパワーが増す」と書かれていましたが、収入面で見たとき特に強いタイプはどれでしょうか?