生活のあらゆる場面でテクノロジーが活用されている現代、住宅のセキュリティやペットの見守りも、スマートフォンから簡単に行えるようになりました。あらゆるモノとインターネットがつながるIoT(モノのインターネット)の波が住宅にまで訪れ、人間の生活も大きな変革を迎えようとしています。

新しいビジネスの着想を得るために、2019年12月11日〜13日に東京で開催される「AI・スマート住宅EXPO2019」に足を運んでみましょう。

注目企業が多数出展する「AI・スマート住宅EXPO2019」

AI・スマート住宅EXPO2019
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のスマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」

2019年9月に開催された大阪に続き、東京で行われるAI・スマート住宅EXPO2019では、スマートスピーカーや遠隔操作システム、ホームセキュリティ機器、AI(人工知能)、IoTを使ったスマート住宅技術、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連設備が展示されます。

開催日は2019年12月11日~13日の3日間、場所は江東区青海にある青海展示棟です。AI・スマート住宅EXPO2019と同じ会場で、建築に関連するEXPOを複数同時開催しています。建築関連のビジネスを展開している方は、ぜひとも訪れたいイベントです。

どのような商品が展示されているのか、その内容を少し覗いてみましょう。

今回は、AI・スマート住宅EXPO2019に出展するソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社に、展示する商品と特徴について伺いました。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の「MANOMA」

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が展示を行うのは、スマートホームサービスの「MANOMA(マノマ)」です。同社では、IoTデバイスと手持ちのスマートフォンを連動させることで、暮らしの安全性と利便性を高め、生活空間に新しい価値を提供するサービスのブランドとしてMANOMAを提供しています。

MANOMAは、人々の暮らしに自然に寄り添うように設計されています。シンプルなデザインでインテリアの邪魔をしないのも特徴です。MANOMAはAIホームゲートウェイ、室内コミュニケーションカメラ、開閉センサー、玄関ドアをオートロック化するQrio Lock、スマートフォンからQrio Lock を遠隔操作できるようにするQrio Hub、家族が持ち運んで在宅状況を確認できるQrio Smart Tagの6つの機器からなります。

これらの機器を住宅に設置したり、家族が持ち歩いたりすることで、住宅のセキュリティを強化して家族の安全を守ることに役立ちます。さらに、Alexa(アレクサ=Amazon開発のAIアシスタント)を内蔵したAIホームゲートウェイに、オプションのnuro(ニューロ)モバイルHome Wi-Fi(M)のSIMを挿して電源を入れるだけで、インターネットが利用できます。

セキュリティや家電の遠隔操作などあらゆるシーンで役立つ

MANOMAはあらゆる家庭で役立ってくれます。ユーザーも幅広く、若年層から高齢者までさまざまです。

セキュリティの強化でいえば、窓とドアにMANOMAの機器を設置すると、異常を検知した際は警告音で侵入者を威嚇しつつ、家族全員のスマートフォンに異常を通知してくれます。セコムへの駆け付け要請、家族に連絡、カメラで確認・呼びかけなど、状況にあった対処法をスマートフォンから選択できるのです。

見守り機能では、コミュニケーションカメラを通して留守番中の子どもと会話をしたり、外にいながら自宅にいるペットを見守ったりすることができます。

遠隔家電操作も可能で、玄関の鍵からエアコン、ライトのオン・オフなどの操作を外出先でもスマートフォンから簡単に行えるのもMANOMAの利点です。

Alexaを搭載したAIホームゲートウェイでは、MANOMAスキルを有効にすることで「Alexa、MANOMAで家族を呼び出して」「Alexa、MANOMAで戸締りを確認して」というように、Alexaに話しかけるだけでMANOMAを簡単に利用できるようになります。音楽を聞くなど、一般的なスマートスピーカーと同様の使い方も可能です。

MANOMAを活用することで、日々の不安や家事の負担などを軽減することができます。さまざまなライフスタイルにフィットするサービスなので、限られた時間を有効活用したい方、好きなことに時間を使いたい方はぜひMANOMAを活用してみてください。

新しいビジネスのヒントにも。各企業の最新技術を体感しよう

AI・スマート住宅EXPO2019では、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社をはじめ、大小さまざまな企業が最新技術を出展しています。現地に足を運び、企業が独自に開発した商品やサービスにとことん触れてみることで、日頃の困ったを解決する何かが見つかるかもしれません。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力