主婦の皆さんのなかには、一定期間お金を積み立てることでショッピングや旅行がお得に楽しめると聞いたら、どんなものか気になるという人も多いはず。今回は、そんな楽しみを実現可能にする「デパート友の会」や「旅行積立」についてご紹介します。

デパート友の会とは?

友の会,旅行積立,活用
(写真=TK Kurikawa/Shutterstock.com)

「デパート友の会」とは、毎月一定の金額を百貨店に積み立てると満期時にボーナスが加算され、積立を行った百貨店で使えるお買い物カードに満額チャージされる制度のことです。

友の会のいちばんのメリットは、積立額の1ヵ月分がボーナスとして加算されるところ。例えば、毎月5万円を積み立てていれば、1年の満期時には65万円分のお買い物カードとして受け取れます。積立総額は12ヵ月×5万円=60万円なので、年利換算で約8%も資金を増やすことができるのです。途中で退会したとしても、全額が戻ってくるので損はありません。デパート友の会の積立は課税されないという点もお得といえるでしょう。

満期は半年から1年と短く、高い利回りも期待でき、積立額より大きい金額が手元に戻ってきます。デパートで申し込みをすればすぐに積立を始められるのも手軽でよい点です。いつも利用するデパートの友の会に入会するのもよいですし、複数のデパートの友の会に入会してもよいかもしれません。

また、デパート友の会に入会すると、デパートの提携ホテルやお歳暮ギフトの割引、デパート主催の展覧会の割引といった優待サービスも利用することができるのも嬉しいポイントです。

旅行積立とは?

「旅行積立」とは、大手の旅行会社、航空会社に一定金額を積み立てる制度です。満期時には一定の金額が上乗せされた状態の旅行カードや旅行券を受け取ることができます。

最大のメリットはデパート友の会同様、利率が高いことです。年利に換算すると、1.5~3%のところが多く、普通預金や定期預金でお金を貯めていくよりも断然お得になるのが特徴です。

旅行資金を貯めるのはいつも後回しになってしまうという人も、家族旅行に行く予定があるならお得な旅行積み立てを利用して、旅行資金の足しにするのもよさそうです。

一方で、旅行積立は途中で解約すると損をする場合があります。途中解約の場合は原則旅行券での返金となるだけでなく、最低支払回数に満たない場合はサービス額がつかないため、旅行券の金額がそれまでの積立金額を下回るケースがあります。

申し込みや支払い方法については会社によって異なるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。

デパート友の会と旅行積立、向いているのはどんな人?

デパート友の会は、前提としてデパートでショッピングをする機会の多い人に向いています。結婚記念日などの特別な記念日に加え、子どもや孫、親類の入学・卒業などのお祝いに向けて積み立てたいという人にも重宝しそうです。1年間の積立で1ヵ月分の積立金がボーナスとして加算されるため、大きな買い物がある場合にはより利用価値も高まるのではないでしょうか。

旅行積立はよく旅行に出かける人で、中でも旅行の予定が既に決まっている人なら積立のタイミングも決めやすいでしょう。必要な金額すべてではなくとも、一部の金額を目標に積立をはじめておくのもよいかもしれません。

毎年、飛行機や新幹線に乗って帰省する人にもメリットがあると言われています。特に家族で帰省する場合は交通費が思った以上にふくらんでしまうことも……。積立を利用しておくことで、安心といつもよりお得な旅が両方手に入れられそうです。

デパートでの買い物や既に決まった旅行は積立利用でよりお得に楽しもう

ショッピングや旅行をお得に楽しみたい人には、とても重宝しそうなデパート友の会や旅行積立。既に使い道の決まったお金をなんとなく積み立てているなら、こういった積立制度を賢く活用し、資産運用さながらにお金を増やし、お得な楽しみも一緒に増やしてしまいましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力