夫は190万ドルの損害賠償を請求している

FINRAはMorgan Stanleyに解雇されたブローカーを「不正取引」で停職処分にした。

「Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)」は、ある顧客が別の顧客を犠牲にする可能性がある場合、アドバイザーは決してその顧客を支援しないことが最善であることを再認識させるため、ある元Morgan Stanleyのブローカーが、夫の書面による承認なしに妻が夫の退職口座から資金を引き出すことを許可した後、90日間、そのブローカーを停止したとFINRAは報告している。

ブローカーのEugene Nathan Gordon氏は、11月14日に受諾書、権利放棄書、同意書に署名し、業務停止と5,000ドルの罰金支払いに同意した。彼はその調査結果を肯定も否定もせず、その手紙に同意した。FINRAはこの書簡を11月27日に受理した。

Gordon氏は2003年12月に証券業界に入り「Citigroup Global Markets(CGM)」と提携し、2009年6月にCGMとの合併にMorgan Stanley関連して移籍するまで、その会社に留まっていた。