昨年10月からの1年間で、ヘッジファンドの運用成績は1075億ドル増加したが、投資家の資金流出額は1270億ドルとなっている

Eurekahedgeは、ヘッジファンド投資家が今年、1270億ドルを償還したと報じている。

今週発表された「Eurekahedge」のレポートによると、10月末時点のヘッジファンドの数は全世界で11,099となり、運用資産総額が2兆3000億ドルに達した。

北米ファンドは総資産の68.9%を占め、その数は5,492となり資産総額は1兆6000億ドルであった。ヨーロッパ、中東、アフリカがこれに続き、総資産の20.4%を占め、その数は3,781で4630億ドルとなっている。

日本を除くアジア、ラテンアメリカ、日本の1,826のファンドの運用残高は合計で2440億ドルである。