ジェネレーションX世代は、SDBA参加者の約42%を占め、ベビーブーマー世代は39%、ミレニアル世代は13%と続いている

第3四半期のSchwabのレポートによると、ミューチュアル・ファンドの参加資産比率は依然として最も高い。

Charles Schwabの四半期レポートによると、7〜9月期(第3四半期)の自己資金による証券会社口座への退職年金加入者の投資動向によると、ミレニアル世代は上の世代の投資家よりも、上場投資信託と現金にポートフォリオの大部分を割り当てていた。

火曜日に発表されたレポートによると、ミレニアル世代の24%がETFに割り当てられているのに対し、ジェネレーション世代は20%、ベビーブーマー世代は17%、現金保有率は16%で、上の世代の投資家は14%、12%だった。

ベビーブーマー世代はポートフォリオの約4%を債券で保有し、ジェネレーションX世代が1%、ミレニアル世代が0.8%と続いた。