Morgan Stanleyの売上高は101億ドルの収益で過去最高である

このニュースは、FXオプションの評価と1億4000万ドルの損失隠しに関する問題が表面化してから約2週間後に発表された。

「Morgan Stanley」は年末までに全従業員の2%にあたる約1,500人を削減する予定で、これにより同社の従業員数は約59,000人に減少する可能性がある。Bloombergの報道によると、今回の人員削減には、営業、トレーディング、リサーチ部門の一部のマネージャーが含まれるはずだが、対象はテクノロジー部門と運用部門に絞られているという。

人員削減の理由としては、取引収入の低迷が続いていることから、業務の効率化が必要と判断したためだ。

同紙によると、人員削減の対象には、ニューヨークとロンドンの通貨・債券部門の上級幹部も含まれる。