「派手髪iOSエンジニア」のキャッチフレーズを持ち、フリーランスとしてヘルスケアアプリやインバウンド対策アプリなど今注目のアプリの開発に携わるAkioさん(@akio0911)は自身で仕事の意味を再定義し、自らの意志を基軸にしたキャリア形成を続けてきた。

Akioさんがエンジニア層の人気を集めるのはビジネス面だけではない。自身の仕事にコミットしながら、個人でエンジニア向けの短期講座「アプリ道場」を運営したり、セミナー登壇したり、SNSで積極的に発信したりと、仕事におけるポートフォリオだけでなく、ライフワークの充実も手に入れているからだ。

公私を切り分けつつ、いずれにも十分な時間を投資するAkioさんの生き方には、どのような考え方やライフハック術が潜んでいるのだろうか。Akioさんインタビュー最終回の後編では時間管理術に迫りながら、フリーランサーの資本が何であるかを考察する。(取材・宿木雪樹 / 写真・大口葉 / 特集協力・一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

▼前回までのインタビューはこちら
令和のフリーランスに必要な「武士のようにフレキシブルな仕事観」とは【Akioさんに聞く・前編】
「教育好き」が「派手髪iOSエンジニア」としてフリーで稼げるようになるまで【Akioさんに聞く・中編】

Akioさん
派手髪iOSエンジニア。大学卒業後、受託開発会社や物流会社などを経て2010年に独立。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にて初心者向けのアプリ開発講座「アプリ道場」を主催。現在はヘルスケアベンチャーやインバウンドベンチャーなどでiOSアプリの開発に携わっている。趣味はファッション、ピアノ、ジムでのトレーニング。

興味関心を広く持ち、ブランド力を高める時間術

フリーランスの資本家思考#5
(写真=大口葉撮影,ZUU online編集部)

――セルフブランディングについて、ご自身で計画したり戦略を練ったりすることはありますか?

自分のやりたくないことを避けつつ、したいことを選んでいくことで自分の価値は他者に伝わっていくと思います。そこには、誰かから見た自分という意識はありません。

強いて言うのであれば、いろいろなことに興味を持つ意識は、個々の独自性につながるでしょう。私は比較的さまざまな事柄に関心を抱きやすく、自分の職種を理由に仕事を断ることはほとんどありません。頼まれれば、イベント企画などにも挑戦します。加えて、技術職の身であるからか、一度興味を持つと深く探求するクセがあります。

そうした行動の一つひとつが重なったときに、他者がブランドと受け止める自分らしさが如実に見えるということはあるかもしれません。

フリーランスの資本家思考#5
(写真=大口葉撮影)

――何にでも興味を持つと、今度は時間が足りないと感じませんか?