他の職を求めて転職するよりも今の職場に留まると60%以上が回答している

米国人は自分のキャリアの中で安全を守る傾向があることも、調査で明らかになった。

Northwestern Mutualの2019年における計画と進捗調査の最新の結果によると、投資家は財務管理を安全に行うことを好む傾向にあるが、アドバイザーを利用する米国の成人は、利用しない成人よりも平均的なリスク許容度が高い。

18歳以上の成人でアドバイザーと一緒に働いた人の平均リスク許容度は1から10のスケールで5.2であったが、アドバイザーがいない人の平均リスク許容度はわずか4.6であったと水曜日に発表した。

しかし、自らを「高い自制心を持つプランナー」と考えている米国の成人たちを知ることは、アドバイザーにとってそれほど喜ばしいことではないかもしれない。彼らは正確な目標を把握し、それを達成するための具体的な計画を立て、その計画からめったに逸脱しない投資家として定義される。Northwestern Mutualによると、平均的なリスク許容度はアドバイザーよりも高く、5.3であった。