ライフステージ別ケーススタディこんな状況にある企業に対してどんな支援を行えばよいか【安定期】
(画像=PIXTA)

CASE7 若手の採用や中堅・管理職人材の定着・育成が進んでいない建設業

このように支援を検討しよう
若年労働者の入職促進と長期定着につながる具体策を提案

設業では、人手不足が深刻化している。国土交通建省『建設産業の現状と課題』でも、建設業就業者の高齢化傾向が、他産業と比較しても際立っていることが示されている。

持続可能な建設生産体制を確立するためには、若年層の入職促進と長期の定着を図ることが欠かせない。そこで、以下のような支援を提案しよう。

福利厚生サービスのアウトソーシングも有効