2019年はM&Aが活発に起こり、2020年もこの動きは引き続き加速すると予測される

Fidelityによると、11月の契約件数は前年と変わらないが、RIAの契約件数は前年比で36%増加しているという。

「Fidelity Investments」は金曜日に、11月も好調なM&A活動が続き、その月に10件のRIA取引が発表されたと報告した。

FidelityのWealth Management M&A Transactionの最新のレポートによると、これは2018年11月と同じ数字だが、運用資産額は前年同期の170億ドルから200億ドルへとわずかに増加している。

11月のRIAの取引では、Lovell Minnick PartnersがPathstoneの株式と150億ドル以上の運用資産を取得して独占した。