UBSはこの決定に納得しておらず、解決するためにあらゆる手段を講じると主張している

この件は、ブローカーのアンカバード・オプション戦略を監督するMark Munizzi氏とその役職に関するものだ。

規制委員会によると、UBSの元従業員は約1130万ドルを受け取っており、名誉毀損の訴えを解決するために同社が支払わなければならない。この裁定額には、懲罰的損害賠償金750万ドルと補償的損害賠償金315万ドルが含まれている。

さらに、今週初めに同委員会の決定を発表した金融業界規制当局の委員会によると、UBSはMark Munizzi氏の解雇、つまりForm U5の記録を2018年5月以降に取り除かなければならない。書式にはMunizzi氏が「理由なく解雇される」と記載しなければならない。

Munizzi氏は2018年の初めにマーケット関連の仕事をしていたときにUBSから解雇され、Mark Pent氏と仕事をしていた。Pent氏のFINRAの記録によると、UBSは失敗のために彼を解雇した。「従業員および従業員関連の勘定において、オプション戦略のリスクに関連して従業員を適切に監督する」ことが理由である。