ストレスレベルが高いクライアントほど、アドバイザーに満足してないことが明らかになった

Fidelityの調査によると、ストレスを抱えた投資家はアドバイザーにあまり満足していない。

大富豪も含め、富裕層全体で健康への懸念が米国人に重くのしかかっているのは驚くことではない。

Fidelity Investmentsの最近の「Millionaire Outlook Study」は、約2,000世帯の投資に対する態度と行動を分析したもので、健康に対する懸念が、大富豪と比較的裕福でない人々の両方にとってストレスの主な原因であることを発見した。

調査によると、ストレスを抱えた百万長者は、彼らのファイナンシャル・アドバイザーとのより大きな隔たりを報告している。