債券投資を行うことの重要性、特に退職後の計画への低意識が浮き彫りになった

BNY Mellonの調査によると、アドバイザーを持つ投資家の方が、債券を理解して投資する可能性がはるかに高い。

「BNY Mellon Investment Management」は月曜日、ファイナンシャル・アドバイザーと仕事をしている投資家は、専門的なアドバイスを受けていない投資家よりも、債券投資について高度な知識を持っている可能性が高いと報告した。

しかし、米国の投資家を対象に、債券投資に関する知識、考え方、行動を調査したところ、投資家が金融アドバイスから利益を得たかどうかにかかわらず、債券投資に関する誤解が存在することが明らかになった。

アドバイザーと仕事をしていると答えた回答者の64%が、債券について多くの、または少なくともある程度の理解があると答えたのに対し、アドバイザーがいない回答者では35%であった。