上昇
(画像=PIXTA)

外国債券や外国株式などに投資をしたいけれど為替変動リスクが不安なため、為替変動リスクを抑えて運用したいというお客様は数多くいます。そうしたお客様の選択肢となるのが、為替ヘッジありのファンドや通貨選択型のファンドで運用することです。

①為替ヘッジありのファンド

為替ヘッジとは、為替変動によるリスクを回避することです。為替ヘッジには様々な方法がありますが、例えば為替先物予約といって事前に期日を設定してその期間中の為替レートを予約する(決めておく)方法があります。

為替ヘッジありのファンドでは、外貨(投資対象国)との金利差等によってヘッジコストやプレミアムが発生します。ヘッジコストとは、日本の短期金利が為替ヘッジの対象通貨元である投資対象国の短期金利がより低い場合に発生する費用のことです。プレミアムとは、日本の短期金利が投資対象国の短期金利より高い場合に得られる利益のことです。

お客様の相場観を確認し、為替変動リスクに不安を持つ場合には為替ヘッジの説明をし、必要に応じて為替ヘッジありの商品を案内するとよいでしょう。

為替取引の対象となる通貨を選択できる