解説
(画像=PIXTA)

低当権とは、債務不履行の場合に、担保について、他の債権者に優先して弁済を受ける権利をいいます。普通抵当権と根抵当権の2種類があり、普通抵当権は「抵当権」と呼ばれることが一般的です。

普通抵当権や根抵当権は担保とする土地・建物(不動産)や地上権、永小作権に設定します。普通抵当権や根抵当権は当事者間の契約で成立しますが、金融機関の取引では第三者に対抗(表明)するため、必ず登記を行います。

普通抵当権と根抵当権には、次のような違いがあります。

①担保の対象となる債権