保険
(画像=PIXTA)

銀行等の金融機関が取り扱う医療保険は、健康保険など公的医療保険制度とは別もので、民間の保険会社で加入します。

民間の医療保険は健康保険と同じように病気やケガによる経済的負担を補うためにあります。医療保険の契約内容によって、通院や先進医療、三大疾病、生活習慣病、女性疾病といった保障の範囲と保障額は異なります。

保障はあるに越したことはないのですが、マンガのお客様が言うように「民間の医療保険は不要」という声もあります。しかし、生命保険文化センターの調べ(令和元年度生活保障に関する調査〈速報版〉)によれば、「疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率」は7割を超えています。