性別によらず、髪や頭皮に悩みを抱えている人は少なくありません。そのため、大手家電メーカーでは、高級志向のドライヤーを多く発表しています。海外からの人気も高く、国内大手家電量販店では連日多くの観光客が手に取り、ちょっとしたブームにもなっているそうです。

人気ドライヤーは多機能なものが多く、髪の様々な悩みに応えてくれる製品が多くあります。今回は、中でも従来のドライヤーには珍しかった頭皮のケアに着目したシャープの「プラズマクラスタースカルプエステドライヤー IB-JX9K」をご紹介します。

ドライヤーの市場が拡大している

ドライヤー,髪,ダメージ,修復
(画像=SHARPより)

株式会社富士経済の「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ 2018」によると、美容家電・化粧雑貨の市場規模は年々拡大を続け、2018年には2,500億円に迫る予測だといいます。同調査では、拡大を続ける市場の中で、注目の市場は「ヘアドライヤー」であることにも言及しています。

近年のドライヤーはデザイン性に優れているだけでなく、機能面でも充実しており、特に高価格帯の商品が人気です。

シャープに聞いた!ドライヤーのトレンド

近年のドライヤー事情について家電メーカーのシャープに聞いたところ、「速く乾くことだけでなく、髪を乾かしながら髪に潤いやツヤを与えてくれるような、付加価値のある商品」がトレンドなのだそうです。毎日使うことで、髪や頭皮にいい影響を与えてくれるドライヤーを使いたい人が増えているといいます。少し高価でも、いいものを使いたいという心理が市場拡大を後押ししているようです。

シャープのプラズマクラスタースカルプエステドライヤーに注目!

各種メーカーが高級ドライヤーの販売に乗り出している中で、注目したいのがシャープのプラズマクラスタースカルプエステドライヤー IB-JX9K(スカルプエステ)です。独特な形状とシャープならではの機能が詰めこまれており、髪を乾かした後に頭皮のケアまでできる優れものです。

スカルプエステの特徴

美しく豊かな髪を保つためには、髪の毛へのダメージを減らすだけでなく、「頭皮へのアプローチが重要」と考えたシャープは、プラズマクラスターイオンを頭皮にまで届けられるドライヤーとしてスカルプエステを開発しました。スカルプエステは、ドライヤーの吹き出し口に人間の指をモデルにした「かっさアタッチメント」を取り付けることで、頭皮をマッサージできる優れものです。

スカルプエステ開発の際、特徴的なかっさアタッチメントの制作には大きな苦労があったといいます。アタッチメントの部分は硬すぎても柔らかすぎても、うまく頭皮のマッサージができません。

使用感や形状については、頭皮マッサージのプロであるヘッドスパニストにもアドバイスを求め、硬さや指のように伸びる部分の太さ、カーブの大きさなど、適切なサイズが見つかるまで何度も試作を重ねて、やっと生まれたのが現在のかっさアタッチメントです。

こうした苦労を重ねて、シャープの技術とこだわりが詰まった唯一無二のドライヤーが完成しました。使い方は簡単です。1日5分、洗髪・乾燥後にかっさアタッチメントを取り付けたスカルプエステで頭皮をマッサージします。これにより、頭皮の潤いを保ち、皮脂バランスを整える効果が期待できます。髪のボリュームが気になる人、パサつきやフケ・かゆみに悩まされている人にもおすすめです。

かっさアタッチメントで頭皮を頭頂部に向かって擦り流すように動かすと、ヘッドスパの施術のような心地よさを感じられるでしょう。毎日のケアで、ツヤがあり、手触りも滑らかな髪へと導いてくれます。

忙しい朝に、髪をすぐに乾かしてくれるのもこのドライヤーの特徴です。吹き出し口から出る風も熱風ではないため、安全でしかも快適に髪を乾かすことができます。

頭皮に悩みを持つ人は67%!

シャープが男女800人に行った独自調査によると、頭皮に関して何らかの悩みを持っていると答えた人は67%で、もっとも多かった悩みは、「髪のボリュームの減少」だったそうです。

最近では、美容サロンやエステ業界で頭皮ケアのメニューが増えていたり、地肌ケアに特化したシャンプーなどが販売されていたりすることからも、頭皮ケアに興味・関心を持つ人が多くいることが分かります。

ドライヤーの買い替えを考えているのなら、髪を美しく保ちたい女性や頭皮に悩みを持つ男性に人気のプラズマクラスタースカルプエステドライヤーIB-JX9K を試してみてはいかがでしょうか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力