自然,ヘルスツーリズム,ヨガ
(画像=ANA Financial Journal)

ヨガは誕生から4,500年以上の歴史を持ち、現代の日本でも多くの人に親しまれているトレーニングです。すでにヨガを生活に取り入れている方も多いのではないでしょうか。室内のスタジオではなく、いつもと違う場所と空気の中でヨガを楽しみたいのなら、旅とともに楽しめるヨガがおすすめです。今回は、旅と自然の中で行い、ダイエットやリラックスに効果があるとして人気の「YOGA CAMP」と「島ヨガ」をご紹介します。

北海道の大自然と融合する「YOGA CAMP BIHORO」

自然,ヘルスツーリズム,ヨガ
(画像=ANA Financial Journal)

北海道東部にある女満別(めまんべつ)空港から車で約10分の場所にある美幌町では、2018年から、町内の複数の会場でバラエティ豊かなヨガを行う「YOGA CAMP BIHORO」を開催しています。

運がよければ雲海が現れる美幌峠にて、日本最大のカルデラ湖屈斜路湖(くっしゃろこ)を眼下に望みながら、澄んだ空気の中でヨガを行えると人気です。2018年は参加延べ人数約500名、2019年は800名を超えています。年齢・性別に関係なく人気の高いイベントで、北海道外からも多くの観光客が同イベントに参加しています。

北海道のグルメを楽しみながら、有名インストラクターによるプログラムを2日間に渡って満喫できるYOGA CAMP BIHOROは、2019年には8月末に行われました。2020年以降の開催についても要チェックです。北海道の大自然と一体になれるYOGA CAMP BIHOROで、楽しみながら日々の疲れを癒やしましょう。

担当者からのコメント

自然,ヘルスツーリズム,ヨガ
(画像=ANA Financial Journal)

YOGA CAMP BIHOROに参加される皆様には、美幌の街並みや美幌峠を中心とした自然の景観、それに独自の食文化も堪能していただきたいと考えております。都会の騒がしさを忘れて、美幌の自然に身をゆだねてみてください。海外や首都圏ではなかなか予約の取れない有名講師のレッスンを多数受けられるのも、YOGA CAMP BIHOROならではの魅力です。また、道外・道内から集まったヨガをともに楽しむ方たちとのコミュニケーションもお楽しみください。

沖縄の青い空と海のもとで行う「島ヨガ」

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートでは、ビーチで波の音を聞きながらヨガが楽しめる「島ヨガ」を開催しています。月に約50名が利用するという人気のプログラムです。

ホテル前のビーチにて、早朝6時30分から始まる「石垣島サンライズビーチヨガ」では、海から昇る朝日を浴びつつヨガを行います。朝日とともに、ヨガで体も心地よく目覚めていきましょう。気持ちよく一日がスタートできるはずです。

そのほかにも、癒しと回復を目的とした「旅ヨガ ヨガリトリートプログラム」や、星空の下で行う「星空ヒーリングヨガ」、家族でヨガに親しむ「ゆいまーるヨガ」「南国マタニティヨガ」など、さまざまなプログラムを用意しています。

どのプログラムでも、専任のヨガインストラクターが指導を担当するので、初心者は安心して、経験者はより深いヨガの体験を楽しめるのも特徴です。

担当者からのコメント

普段からヨガを行っている方でも、ビーチヨガの経験者はそれほど多くありません。自然の中で行うヨガは、室内とは異なり自然のエネルギーを五感で味わえると人気です。海沿いのリゾートでいつもとは違う空気に触れつつ、ヨガで身も心も解放してみましょう。

踏みしめる足元に大地のエネルギーを感じたり、流れる風に呼吸が同調したりと、室内のスタジオでは感じられない空気感に浄化されるような気分になれるでしょう。石垣島の豊かな自然の中でしか味わえない、特別なヨガをぜひご堪能下さい。

「ヨガ×自然」で極上の旅とリラックスを

北海道と沖縄で行われているヨガのプログラムについてご紹介しました。どちらも体いっぱいに大自然の空気を感じながら、思い切りヨガを楽しめます。今度の旅はいつもと違うものにしたいのなら、ぜひヨガを楽しむ旅にチャレンジしてみてください。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力