認定ファイナンシャル・プランナーの身元調査やガバナンス構造の評価などの改革を行う予定だ

特別委員会は複数の勧告を行い、CFP理事会はその一部を採択することを約束した。

認定ファイナンシャル・プランナー委員会の執行・慣行の近代化を担当する特別委員会は、委員会の執行プログラムの「監視、運用、構造」が「認証機関がCFP理事会の行動基準を合理的に遵守するには不十分である」ことを明らかにした。

特別委員会の報告書には以下のような勧告がある。

  • 取締役会の執行プログラムを中心とする継続的な企業リスク管理プログラムの策定
  • 執行プログラムが適切なレベルの遵守を達成するように合理的に設計されていることを確保するために投入される資源の大幅な増加