執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

「ヨガ」について、どのようなイメージを持っていますか?「美しくなる」「痩せる」「きれいになる」といった、漠然としたイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。確かに、ヨガをすると自分の体や心に対して、これまで以上に気を配るようになるため、自然ときれいになったり痩せたりする人も少なくありません。しかし、ヨガの効能はそれだけではありません。

現在、科学的な観点からヨガにアプローチして、その効能を解き明かす研究が世界規模で進んでいます。代表的なものをいくつかピックアップしてみましょう。

(1)ヨガでセロトニンの分泌が促され、心身の安定感が向上

ヨガ,体,ビジネス,ロジカル
(画像=lassedesignen/Shutterstock.com)

「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニン。これは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分をコントロールしたり、精神を安定させたりする働きがある物質です。慣れない業務が多い新社会人の方には精神が疲れている方も多いのでは?

体内でセロトニンが不足すると、ストレス障害やうつなどの症状が引き起こされると言われています。反対にセロトニンが活性化していると、感情が安定したり、常に平常心を保てるようになったり、気持ちの起伏が減ったり、集中力が高まったりなど、さまざまなメリットがあります。

セロトニンを高めるには「日光にあたる」「ビタミンB6を積極的にとる」「スキンシップをする」などいくつかの方法がありますが、なかでも有効なのが「腹式呼吸」と「軽い運動」です。つまり、ゆったりとしたペースで腹式呼吸を続けながら、適度な強度で体を動かすヨガは、まさにセロトニンの分泌を高めるのに最適な方法なのです。実際、多くの脳科学者もセロトニンを高めるものとしてヨガを推奨しています。

(2)メラトニン分泌も改善。睡眠の質がアップ

人間が生き生きと働き、健康的な生活を送るには、質のよい睡眠が欠かせません。働き始めた方は、その忙しさから、眠りが浅くなることもあるかもしれません。その睡眠に深く関わっているホルモンがメラトニンです。この物質は睡眠を誘う働きを持っていて、人間が夜になると眠くなるのは体内でメラトニンの分泌が増えるためです。逆に、朝起きたときが最もメラトニン分泌が少ない時間と言われています。こうして、体内でメラトニンが増えたり減ったりすることで、人間は睡眠の量や質を調整しているのです。

このメラトニンの材料となるものは、実は、(1)で説明したセロトニン。つまり、メラトニンがたくさん分泌されるためには、メラトニンの材料であるセロトニンが日中にしっかりと分泌されておく必要があります。「昼間はセロトニン」「夜間はメラトニン」という2つのホルモン分泌の流れをよくすることが、質の良い睡眠を招きます。

さらに最近の研究により、瞑想はメラトニンの分泌量を高めることが判明しています。すなわち、瞑想をする前に比べて瞑想をした後は、体内のメラトニンの量が高まるというのです。

普段、「ヨガはしているけれど瞑想はあまりしていない」という人もいるかもしれません。しかしそもそも、ヨガと瞑想はひとセット。特にヨガの練習の最後に瞑想をすると、ヨガの疲れがいやされ、呼吸も通常のペースに戻り脳がクールダウンされます。

数分間でも効果が期待できるので、ぜひヨガの後には瞑想を取り入れてみましょう。

(3)瞑想で脳を休ませ、脳細胞を修復

人間はストレスを受けると、脳内にある扁桃体という部分がストレスに反応し、脳の底部にある視床下部を刺激。その結果、交感神経が優位になり緊張状態になります。さらに、脳の中でもとりわけ高度に進化した前頭前野の活動はストレスによって妨げられやすく、この活動が衰えると集中力が落ちたり、クリエイティブな能力が減衰したりします。

しかしヨガ、特に瞑想を行うと、脳が休まって脳細胞が修復。集中力が上がったり、閃きやインスピレーションが生まれやすくなったりします。このように、瞑想と脳の関係性については、現在、さまざまな研究で明らかになっています。

そのほかにも、「ヨガをすることで全身の筋肉がバランスよく刺激され、血流が改善。肩こりが解消された」「疲労を感じにくくなった」「ほどよい筋肉がついて冷え性が改善され、風邪をひきにくくなった」など、習慣的にヨガをしている人はさまざまなメリットを実感しています。

こうした効能は、生理学的、医学的、さらに、脳科学的な観点から研究が進んでおり、きちんと証明されています。

生活にヨガを取り入れよう!

かつては、「ヨガといえば女性の習い事」と捉える風潮が強かったものの、現在ではヨガスタジオを利用する男性比率はじわじわと上昇し、「ヨガ男子」がぐっと増えています。2017年に『ヨガジャーナル日本版』が行った調査では、男女比は3:7となっています。

そうした社会的な変化やヨガをする人たちからのニーズに応えるために、ヨガに対する科学的なアプローチもますます進化。アメリカではヨガによる医療効果の研究が進んでおり、すでに一部の医療機関では治療の一貫としてヨガを取り入れています。

体と心にさまざまなプラスの効果をもたらすヨガ。ぜひ、毎日の生活に取り入れてみましょう。忙しいビジネスライフに閃きと癒やしを与えてくれるはず!(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」