選別
(画像=PIXTA)

SMBC信託銀行
●「取扱商品・サービス一覧」

表記や色合いの工夫により適切な商品を探しやすくする
三井住友フィナンシャルグループの1つであるSMBC信託銀行は、グループが掲げるお客さま本位の業務運営の基本方針にある「重要な情報の分かりやすい提供」に取り組んでいます。

今回、SMBC信託銀行の「取扱商品・サービス一覧」が、UCDAアワード2019で金融分野「資産運用の商品ラインナップパンフレット」の特別賞を受賞。審査では、色彩設計や投資リスクをレベルで説明している点が高い評価を受けました。

ここでは、制作に携わった商品企画部の藤原克浩バイスプレジデント(以下、藤原VP)、塚越歩アシスタントマネージャー(以下、塚越AM)にパンフレットの利用方法や分かりやすくするための工夫などをお聞きしました。
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

─「取扱商品・サービス一覧」とはどのようなパンフレットで、どのように利用されているのでしょうか。