自称「日本一フリーランスに優しい税理士」の大河内薫さんに聞く、高年収フリーランスが知っておくべき税の知識。前編では確定申告に向けて再確認すべき経費計上の考え方や確定申告との向き合い方についてうかがった。

確定申告の基本を押さえたところで、特に高年収フリーランスが気になるのは税務調査ではないだろうか。過度に確定申告にプレッシャーを感じてしまうのも、税務調査への不安があるからかもしれない。

中編では、高年収フリーランスが知っておくべき税務調査の実情や、年収1000万円のフリーランスが気をつけるポイントを聞く。

(取材・宿木雪樹 / 写真・大口葉)

▼前回の記事はこちら
「勇気ある確定申告を」フリーランスの税金対策に持論【大河内薫さんに聞く・前編】

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!
大河内薫さん
最新メディアやSNSでの発信が得意な税理士。Twitterフォロワー3万人超、YouTubeチャンネル登録者7万人超(12月23日時点)。日本では稀な芸術学部出身の税理士として、クリエイターやアーティストを熱烈支援。芸能・クリエイター特化型税理士事務所を経営。スーツ着ずに税知識をカジュアルに発信がモットーで「お堅い、まじめ」などの税理士イメージの打破を目指す。著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』(SANCTUARY BOOKS)は発売1年で6万部超のベストセラー。
※画像をクリックするとAmazonに飛びます

高年収フリーランスが知っておくべき税務調査の判断基準

フリーランスの資本家思考#7
(写真=大口葉撮影、ZUU online編集部)

――税務調査と年収の関係性はありますか?

年収のみが税務調査の判断基準になっているわけではありません。たとえば、年収が前年度の何倍になれば税務調査が来るというルールはありません。

ただ、年収がある程度目立てば、税務調査の対象になる可能性は高くなります。たとえば東京港区で年収1000万円を稼ぐフリーランスはそう珍しくないでしょうが、地方で同額の年収を稼いでいるフリーランスは光るかもしれません。この場合は後者のほうが税務調査対象になりやすいでしょう。

――税務調査が来やすくなる条件はありますか?

一番税務調査が来やすいのは、売上が1000万円に満たないぎりぎりのラインの年収が続いている場合です。課税売上高が1000万円を超えると翌々年から消費税納税が義務付けられた事業者となるため、税務署側は調査する費用対効果が高いと考えます。また、フリーランス側が売上操作をしていると捉えられるかもしれません。

もちろん、偶然にこの条件が続いてしまった場合は税務調査に対してそれを証明すればよいだけですから、問題ではありません。

詳しい解説は、こちらの動画も参考にしてください。

税務調査は恐くない―必要な対策は領収書の整理

――税務調査が来ないように対策することはできないのでしょうか?