疑問
(画像=Getty Images)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

今回のサンプルは、卸売業J社の3ヵ年の貸借対照表です。数値の変動で目立つのは、前期から当期にかけて、流動資産のうち現預金が1500万円減少し、棚卸資産が3500万円増加していることと、流動負債のうち買掛金が2000万円増加していることです。ほかの勘定科目には目立つ変動は見当たりません。

貸借対照表の左右(借り方と貸し方)は等しいことから、流動資産の2000万円増加(=3500万円-1500万円)に対し、流動負債も同じく2000万円増加しています。このことにより、現預金・棚卸資産・買掛金が強い関係性を持って変動していることが想定されます。

棚卸資産・買掛金増は売上不振の可能性も