新しい格付け会社は伝統的な会社よりも高い格付けを与える傾向が明らかになった

同委員会の勧告は、金融危機の数年後も債券の格付けが引き上げられる可能性がある理由を説明している。

北米証券管理者協会は、2008年の金融危機の重要な要因であった格付けの引き上げが今日も懸念事項であることから、投資家に「債券格付けに注意」と警告している。

NASAAの勧告によると、投資家は信用格付けを「特定の債券ファンド・ポートフォリオへの投資を検討する場合」に「より考慮するべきだ」という。

さらに「格付け機関は債券を発行した企業から支払いを受けているので、企業に有利な格付けを与える大きなインセンティブを持っているか、出資者が戻り続けるだろう」と記されている。「こうした欠点やその他の欠点があるため、特定の債券投資のリスクを評価する際に投資家が頼りにするのは格付けだけではない」