ETF手数料の引き下げは、ポートフォリオの構築とパフォーマンスの重要性をさらに高めると予想される

規制の変更、取引手数料の無料化、超低コストの手数料によって、2020年はETFにとって興味深い年になる可能性がある。

2020年は、ETFにとって興味深い年になる可能性がある。というのも、規制の変更や取引手数料の無料化の急増が理由だが、必ずしも変革的な年ではない。

日々の保有額を公表しないETFが、証券取引委員会の承認を得て初めて市場に登場することになるが、投資家がこうした不透明なETFを買うかどうかは未知数である。

モーニングスターのグローバル上場投資信託リサーチのディレクターを務めるBen Johnson氏は「彼らが最終的に解決する問題は、透明性に関する資産管理の問題だ。投資家はあまり気にしていない」と述べた。しかし、資産運用会社には、あまりメリットはないかもしれない。

Bloomberg Intelligenceの上級ETFアナリストを務めるEric Balchunas氏によると、SmartベータETFは既にそうした製品に対する需要の多くを使い果たしている可能性があるという。