中小企業が従業員の退職プランを提供することも容易になり、70万人の米国人が退職金制度を利用できるようになるだろう

退職計画の変更に伴い、同法は529プランを大学ローンの返済に充てることを認めている。

ドナルド・トランプ大統領は年末の歳出法案の一環として、Setting Every Community Up for Retirement(Secure)法に署名した。

多くの退職計画の大幅な変更の中で、新法はまた、登録された徒弟制度と最大1万ドルの学生ローンの支払いに使用するために非課税の大学貯蓄の529プランの分配を許可する。大統領は金曜日遅くに法案に署名した。

「SavingforCollege.com」はSecure法制定を称賛し、30以上の州が529プランの年金拠出に対して追加の州所得税控除または所得税控除を提供していると述べた。