2つの企業が新しくアドバイザリー企業に加わることで、ファンドの長期的なパフォーマンスや顧客の資産に良い結果をもたらすだろう

「SS&C Salentica」の幹部は、アドバイザー向けの2020の製品イニシアティブも販売している。

バンガードは、3つの国際的な収益ファンドと4つの外部運用ファンドの経費率を引き下げた。

影響を受けた3つの国際的な利益志向型ファンドのうち、1つ目はバンガード国際配当評価インデックス・ファンドである(Admiral Sharesファンドや上場投資信託を含む)。これは、経費率が0.25%から0.20%に引き下げられた。2つ目は15億ドルのバンガード・インターナショナル高配当利回りインデックス・ファンド(Admiral SharesファンドとETFを含む)で、16億ドルの経費率が0.32%から0.27%に引き下げられた。

そして3つ目は19億ドルのバンガード新興国国債インデックスファンドである。これは、経費率が0.30%から0.25%に引き下げられたETFとAdmiral Sharesファンドと、経費率が0.29%から0.23%に引き下げられたInstitutional Sharesファンドが含まれる。