ATM
(画像=PIXTA)

基本編

先輩!教えてください
「ATMで10万円下ろしたはず」と言われました…

こんな質問への回答方法

1969年のCD導入から半世紀が経過し、今やATMは日常生活に不可欠なインフラとして定着しました。この背景に、機器の安定稼働が利用者に幅広く支持され、社会全般から信頼を勝ち得たことがあります。

サービス水準の維持・向上のため、メーカーの技術者により、細かい誤作動1つひとつへの改善が図られてきました。様々な環境の下で、あらゆる状態の紙幣を出入れするテストを重ね、対策が講じられてきたのです。

したがって、通常の環境下のATMでの払戻時に、紙幣の種類や枚数が誤って提供され、利用者に過不足がもたらされることはありません。

複数で言い分を聴取