年始からZOZO創業者の前澤友作氏による10億円の配布企画が話題となっています。

抽選で選ばれた1000名に対して各100万円を12分割で毎月8万3千円ずつ渡す「ベーシックインカムの実験」だと言います。無条件で月数万円がもらえたら、もちろん嬉しい上に家計の助けになりますよね。

しかし、国の制度としてベーシックインカムを実現させるのは様々な面から難しいのが現状です。

一方で、不動産から得られる家賃収入も、継続的に入ってくるお金、ある種のベーシックインカムです。

ただ、それを作るにはお金と、何より時間が必要です。

『2000万円の借入をして投資を始めて、35年ローンの返済が終わっても、月7万円ぽっちか』

投資を検討される方のなかには、このように言われる方もいらっしゃいます。

たしかに額面を見ればその通りなのですが、継続収入があることの意義は、経済的な側面だけに留まりません。

継続収入が、より自信を持って人生を送る手助けとなる可能性は海外におけるベーシックインカムの社会実験からも、さらに、当社・日本財託のオーナー様の例からも見ることができます。

そこで今回は、継続的そして安定的な家賃収入がもたらす経済面以外のもうひとつの効果について、実例と共に考えていきたいと思います。

ベーシックインカムがもたらしたプラスアルファの効果

まずは、ベーシックインカムの考え方と、海外での実験結果から、プラスアルファの面を見ていきましょう。

ベーシックインカムとは、年齢・性別・所得の有無を問わず、すべての人に一定額の現金を支給するという制度の考え方です。フィンランドでの社会実験では、ランダムに選ばれた失業者2000人に毎月約7万円が支給されました。あくまでも失業手当ではなく、職が決まっても支給されると確約されていたものです。

支給の結果、経済的に余裕が出たのは言うまでもありませんが、プラスアルファの効果も確認されています。

それは、健康と幸福面です。

ベーシックインカムを支給されていない人たちと比較して、参加者は健康やストレス、気分と集中力に関する問題が少ないことが分かりました。また自分の将来への信頼感と、将来を変えられる自信度が高かったことが明らかになりました。

つまり、経済的な安定が人生をよりポジティブに捉えるきっかけとして機能しているのです。

ただ、ベーシックインカムの実行にあたっては、越えなければならないハードルが山ほどあり、これを期待するのは非現実的です。

不動産投資はマイ・ベーシックインカムを作れる手段

とはいえ、継続的な収入であれば自分の努力でも作ることができます。

それが不動産投資です。

たとえば、都心のワンルームマンションを1戸所有すれば、月5~7万円の手取りの家賃収入を長期的そして安定的に見込めます。不動産からの継続的な家賃収入があることにより、将来への経済的な不安が解消されたという声は、オーナー様からも数多くいただいています。

それに加えて、収入源があることで精神的な余裕や自信につながり、より人生を豊かに送るためのチャレンジができたという方も、いらっしゃるのです。

40代半ばで独立開業できたAさん

東証一部上場の機器メーカーに勤務するAさんは、10年前、35歳の時に初めての1戸を購入。5年をかけて3戸まで拡大し、ご結婚もされました。

その直後に独立開業し、現在は自身の経験も踏まえ、資産運用や独立支援を行うコンサルティング業を行っています。

40代半ばにして新たなキャリアに挑戦できたのは、マンション3戸から得られる家賃収入があったからです。

『結婚直後のタイミングということもあり、不安もありましたが、家賃収入があったので踏み出せました』とおっしゃっていました。

3戸の家賃に創業期を支えられたBさん

また、現在50代のBさんは、当時人材派遣会社に勤務していました。

10年前に1戸を購入、その後現金と固定低金利のローンを用いて3戸まで所有物件と家賃収入を増やしました。そして、4年前に家事代行サービスの会社を設立したのです。

『業績が軌道に乗るまでの間、3戸の家賃収入が心と家計の支えとなりました。』

口コミで顧客も徐々に増え、今は順調に業容を拡大しているようです。

30代で学び直し新たなキャリアに踏み出すCさん

2017年に1戸を購入されたCさんは、現在36歳。

介護系の会社の営業職として多忙な日々を送りつつも、不動産投資を始めたことをきっかけに、自分の将来像を改めて考え直すことができたそうです。昨年、会社を退職し、現在は鍼灸師を目指して、夜間学校に通学しています。

より若いうちから始めればチャンスも多く掴める

私が担当してきたお客様だけでも、このような転職、起業、独立開業、ボランティア、新たなチャレンジに至った例は枚挙に暇がありません。

いずれのケースも長期安定で継続的に得られる家賃収入という基盤があるからこそだと感じています。

若いうちから不動産投資をはじめて将来に備えておけば、人生をより楽しく、より豊かに送るために、新しいことに挑戦するリスクも取りやすいはずです。その分、ご自身の幸せもチャンスも掴めると私は確信しています。

もちろん、初めの一歩を踏み出すのが不安な方には、私たちコンサルタントが寄り添ってサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

中嶋 勝重
中嶋 勝重
日本財託 資産コンサルティング部シニアマネージャー。京都府東山区出身の36歳。350名以上のお客様に対して、東京・中古・ワンルームによる資産形成のお手伝いをしている。セミナー講師としても活躍中。自身でも中古ワンルームを7戸所有して不動産投資を実践。