がんばっても給料が上がらない、思うように出世できない。そんな悩みを抱える会社員はたくさんいます。キャリアアップを望むなら、自分の部下に目を向けてみましょう。マネジメント力が昇進・昇給において大きく評価される理由を解説します。

会社が必要としているのは能力の高い人間よりマネジメントができる人間

部下,キャリアアップ,マネジメント
(画像=PIXTA)

給与明細を見て、昇給幅の小ささにがっかりしたり、同時期に入社したのに自分より役職が上の人間を見て、何が違うのかと落ち込んだり。サラリーマンなら、身に覚えがあるのではないでしょうか。

昇給・昇進を実現したいなら、マネジメントに力を入れることが効果的です。会社が欲しいのは、能力が高い人間以上に、マネジメントができる人間だからです。どんなに能力が高くても一人で仕事をしているのでは、結局大きな成果はあげられません。

周りと協調して、周囲をモチベートしながら、全員の力を最大化することができる人間。会社が求めるのは、そんなマネジメント力を備えた人間なのです。

部下のキャリアアップはマネジメント力を示す絶好のチャンス

新入社員の頃は、自分が勉強して知識を身につけたり、意欲的に仕事に取り組んだりするだけで評価されます。しかし、一定の経験を積んだら、それだけでは評価されません。

マネジメント力を示したいなら、自分ではなく部下のキャリアアップを支援しましょう。部下と真剣に向き合い、部下の性格や適性を見極めながら、成果をあげられるように導いていくのです。

その過程で、人を動かすこと・人を育てることの難しさや、自分が育てた人間が成功したときの達成感など、多くのものが得られるのでしょう。

周りの成長を助け、自分も成長することが好循環を生む

ただし、部下が成功したとき、それを自分の成果のように話してしまってはすべてが台無しです。あくまで部下のがんばりであり、自分はそれを陰ながら支えただけだという姿勢を崩さないことが大切です。

誠心誠意部下と向き合っていれば、あなたが話さなくとも部下があなたの評判をあげてくれるはずです。

自分一人の成長を考えるのではなく、周りの成長を支援し、一緒に成長していく。そんな姿勢を持つ人に周囲はついてきます。一旦自分のことを脇におくことで、好循環を引き寄せましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力