山火事に関するリスク管理はこれまであまり重要視されていなかった

カリフォルニアでは2017年に約1100万人が火災に遭ったがで、今ではそれ以上の約1400万人が被災している。

オーストラリア各地で現在猛威を振るっている山火事の波は、慎重に扱うべき問題を提起している。火災は、米国の生命保険および年金市場に関心のある人々にとって、仕事中に火事について読むことを正当化できるほど十分に関連性があるのだろうか。

(関連記事:商業用住宅ローンにおける債券ファンドが生命保険会社を上回る

その答えは、オーストラリアでの山火事は、米国の生命保険会社の不動産、住宅ローン、住宅ローン担保証券のポートフォリオにはほとんど影響しないだろう。しかし、火災に関する懸念は、米国の生命保険会社が米国の不動産関連資産への投資をどのように見るかに影響する可能性がある。