所得が基準額の25,000ドルを上回る単身者や44,000ドルを超える夫婦には、最大50%が課税される

多くの受給者はインフレに連動していないため、給付の課税対象となっている。

社会保障給付の課税対象となる所得基準が低く設定されているため、顧客が社会保障給付の課税を回避するのを支援することは、いかなるファイナンシャルアドバイザーにとっても困難な仕事である。彼らは、生活費の調整を伴う社会保障給付や、メディケア(高齢者向け医療保険)の追加徴収の対象となる高額所得者の所得、所得税の税率区分と同様に、インフレに連動しているわけではない。

1983年に社会保障給付に課税される税が導入されたとき、社会保障庁によれば「ますます多くの人々」が「実質所得やインフレ率の上昇」および「議会は、給付金への課税が 「低所得」 の個人に影響を与えてはならないと考えていた」ためにそれらの税を支払わなければならないと予測されていた。けれども、所得閾値は意図的にインフレと連動されていない。