保険会社、保健所、共済組合は、保険契約に付加価値のあるサービスを明記する必要がなくなる

保険会社は保険約款に機器について触れずに機器を提供することができると、Andrew Mais氏は述べる。

生命保険および健康保険会社は、たとえ保険契約でアップル・ウォッチやフィットビットを明記していなくても、コネチカット州の保険監督機関とトラブルになることなく、健康管理プログラムで使用するためのデバイスを消費者に提供することができる。

コネチカット州保険委員のAndrew Mais氏は、コネチカット州保険規則の解釈を新しい速報で明らかにした。

参考資料