バンガードの見解として、手数料引き下げは従来どおりのビジネスだと主張している

この人気ブロガーの話では、バンガードの企業力の誇示は、TD Ameritradeが2年前に始めた戦争の最新の動向である。

バンガードは「手数料ゼロ競争」を全面的に採用しており、証券会社の顧客はすべての株式やオプションを手数料なしで取引することができる。このニュースは、ライバル社のCharles Schwabがそのような動きをした3か月後に発表された。この動きは、SchwabがTD Ameritradeを260億ドルで買収する計画であるという発表に至るまで、競争状況に大きな変化をもたらした。

バンガードは、1977年にすべての投資信託を含む最初の手数料無料のプラットフォームを立ち上げ、2010年にはバンガードのETFに、2018年には他の多くのETFに拡大した。

著名なブロガーでファイナンシャル・プランナーのMichael Kitces氏は、木曜日の開発までの準備を振り返りツイートしている。「手数料ゼロ競争のトレンドが続く中、バンガードは今日、取引手数料無料のETFプラットフォームを発表し、株式、オプション、ETFプラットフォームの取引手数料が無料になった(そして、より収益性を高めている)。これはバンガードが2年間戦った戦争の驚くべき結果だ」と述べる。