仮想通貨取引に関する納税、申告の誤りが今後の課題である

その理由として、省庁間の協力を含む「攻撃的な」推進を挙げている。

米国税庁(IRS)が先ごろ発表した2019年の進捗状況報告によると、個人情報の被害を受けた納税者の数は、2018年に71%減少し、3年連続で減少したという。

2018年、IRSが納税者から受け取った個人情報の盗難の宣誓供述書は199,000件で、2015年には677,000件だった。

IRSが停止した個人情報の盗難の確認件数は54%減少し、2015年の140万件から2018年には649,000件に減少した。