本来認められるべき控除を拒否することで、利益を得られるという問題点が指摘されている

プランナーとCPAであるJeffrey Levine氏は、控除を受けることを拒否した場合、後で報われる可能性があることを発見した。

2019年後半に成立したSetting Every Community Up for Retirement Enhancement(Secure)Act(年末の歳出法案の一環)のおかげで、新年はアドバイザーの退職計画に多くの変更が加えられた。

最低分配年齢の引き上げや、一部の労働者のIRAへの拠出制限の撤廃に加えて、この抜本的な退職法案は、一般的に「ストレッチIRA(課税繰延資産)」の使用を停止する。

Kitces.com」のアドバイザー教育の責任者であり、「BluePrint Wealth Alliance」のCEOであるLevine氏とKitcesのチームの他のメンバーは、新しい法律を注意深く見直している