ガバナンス、ESGリスク、アウトソーシング、オルタナティブ投資へのシフト、データ管理・コスト削減について言及している

「Morningstar」と「Mercer」は共同で、アドバイザーが関係を維持するために取るべき行動の概要を説明した。

アドバイザリー事業は、M&A、新技術、運用資産の増加など、近年急速に進展している。「Morningstar」と「Mercer」は、新たなホワイトペーパーの中で、資産運用会社とファミリーオフィスが他社との差別化を図る上で、見逃せない2020のトレンドを概説した。

2020年の金融仲介機関のトレンドは以下の通りである。

1.強力なガバナンスを目指す

関係性のマネジメントと投資監督は任務が分離しているため「重要な企業は、投資の意思決定と顧客の目標との間に強いつながりを維持する」と論文は述べている。したがって、強力なガバナンスをサポートするには、企業は次のことを行う必要がある。