業績アップに欠かせない チームの団結力向上講座 融資増強編
(画像=fizkes/Shutterstock.com)

私は支店の預かり資産課でリーダーを務めているのですが、当店では役職を問わず担当者それぞれに何かしらの「推進項目」が割り振られます。日々忙しくしている部下に、担当する推進項目にもしっかり取り組んでもらうには、どうマネジメントすればよいでしょうか。

営業店においては、「預かり資産課」といった所属とは別に、投資信託担当、個人年金保険担当、相続対策・遺言担当など、個別項目ごとに「推進担当者」が任命されるケースが少なくない。

推進担当者には、必ずしも数値目標に対する責任が課せられるのではなく、担当の項目を、誰が・いつ・どのように推進するか、メンバーが前向きに取り組むにはどんな工夫が必要かなど「支店全体で、どうすればその項目の目標を達成できるか」を考える役割が求められる。

こうした経験は、将来、部下を持つようになった際、また役職についた際にとても役に立つ。まずはそのことを、しっかりと部下に伝えておこう。

支店全体を巻き込んで担当項目を推進する